1on1ミーティングの理想は「個別指導の塾」?!

個別指導の塾

1on1ミーティングがなぜ広がりをみせているのか

”仕事を見て盗め”はもう古い。

迷っていたり、悩んでいたりする部下に「とにかく人の仕事を見て、自分で考えて行動しろ」では回答になりません。時代は変わったのです。若い人材は売り手市場となっているので”自分が成長できない会社”と判断したら転職ができます。会社側としては、若い人材に何度も失敗を経験させてそこから学ばせる余裕が持てなくなっていたり、ネットで集客をできる代わりに情報もオープンになっていることであっという間に競合他社が増えていたり・・・様々な環境の変化が起き、今は人材育成も時間との勝負になってきているのです。最近では、人材育成の第一歩として1on1ミーティングを導入する企業が増えています。どのような1on1ミーティングが理想なのか、この記事では正しい1on1ミーティングの在り方についてご紹介します。

1on1ミーティングは「個別指導の塾」が理想?!

1on1ミーティングで上司という立場で発言をすると知らず知らずのうちに自分の経験談を話していて、気づかないうちに部下の話題からずれてただの”自分語り”になっていたり、ただの”自分ルールの押し付け”になっていたり、自分が良かれと思ってとった言動が部下のモチベーション低下を引き起こしていたりするのです。それを防ぐ為に1on1ミーティングの理想イメージでお勧めしたいのが「個別指導の塾」です。

よくある失敗は2つ

1on1ミーティングでありがちな失敗が2つあります。

①1on1ミーティングで本来主役であるはずの部下の話題ではなく自分の経験談を語っている
②コミュニケーションのみを目的として部下の雑談や愚痴聞きの場で終わってしまっている

自分はそんなことはない、1on1ミーティングがうまくいっていると思っている人ほど、実はこの傾向があります。それでも気づけない理由としたあるのは、1on1ミーティングは上司と部下だけの場なので客観的な視点が非常に入りにくいのです。その客観的な視点を取り入れる為に、システム導入で履歴を残し別の立場の人が意見を出すこともあるようですが、まずは1on1ミーティングの正しい方法を浸透をさせるのが最優先です。

1on1ミーティングの時は上司ではなく講師として

1on1ミーティングはコミュニケーションの場であると認識されていることが多いのですが、コミュニケーションだけを目的とするのは少しもったいないのです。1on1ミーティングは個別指導の場でもあります。
ただ、個別指導と聞くと通常の面談のように上司から部下へ伝えたいことを伝える場にしてしまう方も多いのですが、それは正しくありません。1on1ミーティングでの個別指導とは「個別指導の塾」をイメージしてください。個別指導の塾の講師が成績の悪い生徒に向かって「なんで出来なかったんだ」と声掛けをすることはまず、あり得ません。もちろん生徒はお客様の側面もありますが、生徒をお客様として褒め続ければ成績が上がるわけもありません。個別指導の塾には必ず指導があります。生徒がつまづいている学習課題を発見し、それに対して的確なアドバイスを行います。そして講師は能力の異なる生徒それぞれに合わせた指導をし、成績を上げる手伝いをします。

共通のゴール設定はあるほうがいい

1on1ミーティングの理想は「個別指導の塾」です。生徒を怒らない、講師が行ってきた学習方法を生徒に押し付けない、励ましつつも褒めるだけではなく個人に合わせた指導を行い、最終的なゴールは”成績を上げること”で、講師と生徒のゴールが共通している。これが1on1ミーティングの理想です。忙しい業務の合間を縫って1on1ミーティングをするのであれば、共通の目標を持っている方がお互いのやるべきことが見えてきます。
講師と生徒が成績向上、最終的なゴールが目指している学校へ入学することならば、上司と部下は業務効率化や売上向上、最終的なゴールは部下が目指しているキャリアプランの手助けなのではないでしょうか。部下が目的や目標を見失いそうになっていても、上司は目的や目標を明確にしつつ部下に考える機会を与え成長を促していく、それをできる時間が1on1ミーティングかもしれません。

マネジメントは1on1ミーティングから

正直、なぜここまで手間暇を掛けなくてはいけないのかと思われる方もきっといるのではないでしょうか。2:6:2の法則であるように、上位2割は「放置」で問題なく働けます。ただ、1on1ミーティングが必要ないのはたった2割です。中間6割は「教育」、下位2割は「認知」が必要なのです。それを補えるのが1on1ミーティングです。本当に、今の職場環境で問題がないのか、正しいコミュニケーションが取れているのかはぜひ、立場が上の人ほど真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

人事評価システムなら、まず【無料】の資料請求を

人事評価システムをお探しでしたら、誰でも使えてスキル不要、低コストで簡単シンプルな人事評価システムがおすすめです!