タレントマネジメントシステムを選ぶ際の導入ポイントをご紹介! 簡単に始めて成果を出せるツールとは?

タレントマネジメントとは、社員のタレント(才能)を情報として可視化し、社員のスキルを最大限に活かした人材育成や人事配置を実現できる人事マネジメントのことです。タレントマネジメントを行うためには、タレントマネジメントシステムの導入が必要になります。

この記事では、タレントマネジメントシステムについて、機能や特徴を解説します。具体的なツールとして、人事評価をクラウド化したツール「ヒョーカクラウド」の特徴をご紹介しましょう。これからタレントマネジメントの導入を検討している人は参考にしてください。

タレントマネジメントシステムと人事評価システムの違い

タレントマネジメントシステムと人事評価システムの違いはあるのでしょうか?実際のところ、タレントマネジメントシステムと人事評価システムは呼び方だけの違いとして使われています。タレントマネジメントシステムと呼ばれているツールが人事評価システムと呼ばれている現状です。しいて言うならば、人事評価システムの人材評価機能をより具体的な分析を可能にしたのがタレントマネジメントシステムです。

詳しい料金は利用する社員の人数によるので要問い合わせです。見積もりを出してもらい、確認しましょう。

タレントマネジメントシステム
A社
人事評価システム
B社
特徴戦略的な人材育成・配置を行う総合的な人事業務を行う
初期費用250,000円300,000円
月額料金81,000円~69,800円~
無料トライアル
データベースクラウドクラウド
既存csvインポート
サポート体制電話、メール
専任スタッフ対応、サポートサイト、サポートツールあり
電話、チャット
専任スタッフ、テクニカルサポートあり

人事評価システムの特徴

人事評価システムは、人事担当者の主観による人事評価を不要とします。客観的な人事評価をシステム化していることが特徴です。

人事評価システムは、社員の人事評価データを一元管理して、そのデータを主観ではなく科学的な根拠のもとで分析します。

人事評価システムの評価は 業務目標や進捗状況など集められたデータをプログラムで評価する仕組みです。現在市場に出回る人事評価システムでは、MBO評価機能(目標設定による人事評価管理)が採用されています。人事評価システムの導入は、次の3つの成果が期待できることが特徴です。

評価の公平性の向上

人事評価システムは、評価の公平性が向上されて、結果的に社員の満足度を高められます。不公平さのない評価が目標を明確にして、社員のモチベーション維持と離職を防ぐことにつながるでしょう。

評価業務の効率化

人事評価システムは、評価の効率化が期待できます。手作業による人事評価では、時間と労力が必要です。少数精鋭で事業展開する場合は、非効率になります。逆に大企業の場合は、膨大な社員一人ひとりのデータ管理を手作業で行うのも現実的ではありません。人事評価システムは、手作業で行っていたデータ収集や分析を効率化します。

データ収集や分析により、社員一人ひとりの課題を明確になれば、明確な目標の設定が可能です。明確な目標は、社員のモチベーションアップにつながります。

タレントマネジメントシステムの特徴

タレントマネジメントシステムの特徴は、社員一人ひとりの資質を重要視している点です。一時的な人事考課ではなく、資質もふくめた長期的な目線での人事戦略が可能です。

タレントマネジメントシステムでは、おもに人材育成の部分として、社員の個性や才能、スキルに加味したプログラムを組めます。少子高齢化にともない、労働人口の減少が懸念される中、現有戦力の底上げは必須です。現在いる人材を育成する目的として効果が期待できます。

タレントマネジメントシステムは、人事評価システムの機能も兼ね備えているシステムです。人材に関する情報の一元化や全社共有の効率化に取り組めます。そのうえで、社員ひとり一人のデータをよりきめ細かく分析し評価できるシステムになります。結果的に、企業と社員との関係性を高められ、離職防止につながるでしょう。

タレントマネジメントシステムの特徴は、企業ごとの課題に合わせて機能に特化したタイプのシステムを選べることです。システムの支援機能は次のように分類できます。

  • 人材評価業務支援タイプ:評価業務の自動化及び効率化
  • 人材育成業務支援タイプ:人材開発のための目標管理
  • 人材配置業務支援タイプ:データに基づく人材配置の効率化
  • 上記3つの支援を統括する多目的タイプ:豊富な機能を搭載

ヒョーカクラウドの特徴

ヒョーカクラウドは人事業務のなかでも、人事評価の集計管理に特化しているクラウド型サービスです。これまでExcelや紙で管理していた人事評価を、クラウドで一括管理できます。

複雑で作業量も多い集計管理業務をより簡潔に行えるようにと、分かりやすい画面設計をしています。人事評価における必要な機能のみを搭載し、誰でも簡単に操作することが可能です。

また、社員ごとにマイページを設けており、いつでも自身の評価情報を閲覧することができるため、モチベーションの向上にも繋がるでしょう。

使いやすいシンプルさと並んで、スキルマップ機能もヒョーカクラウドの特徴のひとつです。

人事評価に不可欠な機能が充実しており、社員それぞれのスキルや能力といった人材情報の一元化にはスキルマップを活用します。社員の目標達成状況を測定するMBO評価や、能力が優れている社員の行動特性を見える化したコンピテンシー評価といった機能も使用可能です。

また、データベースの閲覧者権限を細かく設定できるので、安心して情報管理が行えます。

オンラインで誰でも使えるので、スマホやタブレットでの操作やテレワークにも対応しています。

料金体系は業界内でも比較的低価格です。プランはひとつのみで、社員数300名だと月額30,000円で充実した機能を活用できます。

気になるサポート体制ですが、営業担当者のほかにカスタマーサポートも利用可能です。電話やメールで気軽に相談できます。

タレントマネジメントの導入について相談する

導入のご相談はこちら

これからタレントマネジメントを始める会社にはヒョーカクラウドがおすすめ! その4つの理由とは

タレントマネジメントを始めるためには、ツール選びがとても重要です。せっかくタレントマネジメントを導入しても、必要なツールをうまく使いこなせないと長続きせず、戦略的な人事の実現は難しくなってしまいます。

上記のような使いやすさの重要性もふまえて、なぜヒョーカクラウドがおすすめなのか、詳細に解説していきます。

理由① 導入時の複雑な設定が不要

ヒョーカクラウドは、これまでExcelや紙で管理を行っていた人事評価をクラウド化し管理することが可能です。従来の評価項目をCSVでインポートができるため、新たに設定をする手間もなくスムーズに始められます。

それにより、ヒョーカクラウド内で取得した過去のデータも併せてトータルで評価を把握できるため、人事情報を管理しやすいといったメリットがあります。データの紛失や探すのに時間がかかるといったことがないので、余計な作業が大幅に減るでしょう。

理由②スキルマップの活用でシンプルにスキル管理ができる

ヒョーカクラウドは、人事評価システムに特化していることが特徴です。スキルマップを活用すれば、社員一人ひとりが持つスキルや能力、経歴や業務内容などのあらゆる人材情報を一元化できます。

集約した情報は一覧で確認ができ、グラフを利用しての分析やレポートの作成も可能です。全社員の評価情報を参考として、人材育成や適材適所への人材配置のシミュレーションにも役立ちます。

タレントマネジメント行うには人事評価のほかに、人材育成や人材配置、個人や企業としての目標管理も考えていかなければなりません。

それぞれの業務において、さらに複雑なツールや機能が必要とされる場合もあります。タレントマネジメントシステムを初めて導入する場合、覚える機能や作業が多すぎると最初で挫折してしまうかもしれません。使いこなすのに時間がかかり苦労するなら、通常業務にも支障をきたすでしょう。

ヒョーカクラウドはそういった心配がないよう、簡単で分かりやすい設計をしています。タレントマネジメントでは必須の人事評価を、スキルマップを活用してシンプルに管理ができます。誰でも容易に操作ができるので情報の共有も円滑に行え、ストレスを感じることなく人事業務の改善が見込めます。

理由③ 同社製ツールとの連携で社員のモチベーション向上と行動改善に役立つ

ヒョーカクラウドの提供元には、ポイント制人事評価システム「評価ポイント」があり、連携して使用することでより効率的な人事評価と社内のモチベ―ジョンアップにつなげることが可能です。評価ポイントは、IT製品比較検討サイト「ITトレンド」の人事評価システム部門で、2018年・2019年・2020年と3年連続で年間ランキング1位を獲得しています。

評価ポイントは、社内で作成した目標をポイントにより評価します。
目標を達成したらコミュニケーションツールを使ってタスク完了を報告し、上長が確認して相当のポイントを付与する仕組みです。リアルタイムに評価することで従業員の承認欲求を満たし、 ポイントを貯める楽しさからモチベーション向上へ繋げることが出来ます。

さらに従業員が貯めたポイントは、従業員同士が互いに感謝を伝えるためにポイントをプレゼントしたり、福利厚生やインセンティブに活用することができ、それを利用するためのポイント管理として評価ポイントがサポートできます。
社員同士の目標に対しての連帯感も生まれて、組織的な行動改善に役立つでしょう。

理由④ ツールが低価格で導入コストを安く抑えられる

タレントマネジメントを始めるには、新たなシステムの導入が不可欠です。多くのシステムは初期費用のほかに、一人あたり何円といった、社員数によって毎月の費用が発生します。

タレントマネジメントは、基本的に全社員の人事情報を扱います。企業の社員数に比例して費用がかさむため、ある程度の予算が必要です。不用意に高額なシステムを導入してしまうことは、会社にとって大きな損失となります。

その点、ヒョーカクラウドなら社員数300名で月額30,000円と、非常に低価格です。そのうえ、人事評価に必要な機能が十分に揃っています。

ヒョーカクラウドを使えば最低限のコストでシステムを導入でき、企業の課題に沿った人事業務の改善が目指せるのです。

多機能すぎても使い切れない。シンプルなスキルマップの実装から始めよう

タレントマネジメントシステムと人事評価システムの違いと、導入する際のポイントをご紹介しました。

タレントマネジメントは一時的に行うものではなく、長期的な計画を立てて行うものです。それに伴い、タレントマネジメントシステムも継続して使うことが望まれます。企業の規模や経営目標、抱える課題を基に導入する目的を明確にし、適切なツールを選びましょう。

ヒョーカクラウドは手軽に低コストなので、タレントマネジメントを始める中小企業には最適なシステムです。無料トライアルや資料請求で試してみることをおすすめします。