社員の離職を防止するには?退職率が高い原因や改善方法を徹底解説

社員の離職が多い環境には、根本的な原因があります。

しかし、原因を把握せずに表面上の対策をするケースは、意外と多く見受けられます。

原因を特定せずに新たな採用などを行なっても、その場しのぎにしかならず、離職を防止する解決策にはなりません。

解決したい場合には、原因にあわせた対策法が必要です。

そこで当記事では、「退職率が高くなる原因」を解説したうえで、「改善策」についても紹介します。

社員の離職を防止したい担当者様は、ぜひ参考にしてください。

社員の退職率が高いままだとどうなる?

社員の退職率が高いままだと、どうなるのでしょうか?

社員が次々に辞めてしまうため、慢性的な人手不足となり、辞めた社員の穴埋めをすべく「採用」や「配置転換」などに時間をとられます。

スムーズに採用できたとしても、新入社員は会社に慣れる期間が必要なため、すぐには活躍できないケースも多いでしょう。

すると既存社員に「業務量の増加」というしわ寄せが訪れます。通常業務に加えて多くの業務が課せられると、既存社員の不満はつのるでしょう。

こうした状況がつづけば、既存社員の離職を誘発するという負のスパイラルに陥ります。

退職率が高くなる主な原因とは?

一般的に退職率が高くなる原因は、以下の通りです。

長時間労働である

1つ目は、長時間労働であることです。

長時間労働になると、心身共に疲れがたまりやすくなり、疲れをとるための休息時間がなくなります。ストレスも解消できないため、負の感情が発生しやすくなる点も特徴です。

疲れのとれない状態がつづくと、こうした環境を作り出している会社を辞めたくなります。

人間関係がよくない

2つ目は、人間関係がよくないことです。

会社では、長時間においてチームメイトと同じ空間や状況を共有するため、周囲との「人間関係の善し悪し」は重要な要素だといえます。

人間関係がよくないと、ストレスを抱えてしまいます。

また人間関係が悪いと「周囲とのコミュニケーション」がとりにくいため、気軽に質問や相談ができません。

すると1人で悩みを抱えてしまう傾向にあり、退職の道を選びやすくなります。

仕事に対する価値観を見出せない

3つ目は、仕事に対する価値観を見出せないことです。

仕事への価値観を見出せないとモチベーションが低下するため、なんとなく仕事をこなすことになります。
上昇志向の人であれば、自身の成長を感じられないことから、「さらに成長できる環境」に身を置きたいと考えるでしょう。

仕事に対する価値観が見出せない状況に対し、「長時間労働」や「よくない人間関係」などの要素が加われば、離職したい気持ちが加速します。

正しく評価されない

4つ目は、正しく評価されないことです。

前述の「仕事に対する価値観」と「正しく評価されること」はリンクしています。

なぜなら、自身の行動を正しく評価されると、仕事に対する価値観を見出せるからです。

正しく評価されない環境下にいると、仕事への価値観を見出せないため、離職につながってしまいます。

教育・フォロー体制がない

5つ目は、教育・フォロー体制がないことです。

教育やフォロー体制が整っている状況は、会社が社員を気にかけている証拠だといえます。

なぜなら教育やフォロー体制を整えるには、一定のコスト(時間や金銭的なもの)が発生するからです。

また教育・フォロー体制があることで、慣れない仕事や環境下であっても、安心して業務に打ち込めるでしょう。

一方教育・フォロー体制がなければ、会社にぞんざいに扱われているような印象をうけてしまいます。万が一失敗した際に「うけ止める体制」もないため、安心して仕事を遂行できません。

また成長する機会も乏しいことから、高みを目指す優秀な社員は、早々に辞める傾向にあります。

社員の離職防止に向けた改善方法とは?

ここでは、社員の離職防止に向けた改善方法を紹介します。

エンゲージメントサーベイの実施

まずは「エンゲージメントサーベイ」を実施します。

エンゲージメントサーベイとは、「従業員満足度」を知るための調査手法です。

実施することで、現在の従業員満足度がわかるため、自社に適した改善方法を用意できます。

サーベイの進め方は以下の通りです。

  • 1、調査目的の明確化(例:早期離職が多い理由を把握する)
  • 2、質問内容を決定
  • 3、実施に診断を開始
  • 4、診断結果の分析
  • 5、対策方法の選定およびフィードバック
  • 6、再びエンゲージメントサーベイを実行

エンゲージメントサーベイで「自社の状況を把握」することで、次に実施すべき改善方法がわかります。

つづいて改善方法を解説するので、あわせてチェックしてください。

労働環境を改善する

2つ目は、労働環境の改善です。

長時間労働、ギスギスした人間関係といった「悪い労働環境」を改善すると、居心地のよい会社に近づきます。

たとえば長時間労働を改善すれば、休む時間が増えるため、ストレスを受けても回復しやすくなります。

人間関係を改善すべく、「マネジメント能力アップ」や「コミュニケーションがとれる環境づくり」を行なえば、社員の悩みに気づきやすくなるでしょう。

労働環境の改善には、

  • 1on1
  • 社内アンケート
  • 社内イベント

などの実施がオススメです。

仕事へのやりがいを感じられる環境づくり

3つ目は、仕事へのやりがいを感じられる環境づくりです。

やりがいを感じられる環境に身を置くと、充足感や確かな手ごたえを感じられます。
モチベーションやエンゲージメントも高まる点が特徴です。

やりがいを感じられる環境づくりには、

  • 適材適所への配置
  • 見合った賃金
  • 成果をきちんと評価に反映する

などが役立ちます。

評価制度を整える

4つ目は、評価制度を整えることです。

評価制度を整備すると、適切に評価ができるため、社員の納得度があがり定着率もアップします。

納得度の高い評価制度をつくるには、

  • 評価基準の明確化
  • 評価制度の目的を周知
  • 結果のフィードバック

などが必要です。

現在の評価制度について、アンケートを行なうのもよいでしょう。

また昨今では、社員同士でお互いの活躍を称え合う「ピアボーナス」の活用も見受けられます。
お互いを褒めるため、人間関係の改善にもつながります。

教育・フォロー体制を整える

5つ目は、教育・フォロー体制を整えることです。

新入社員・中途社員問わず、教育やフォロー体制を整えると、離職率低下につながります。

なぜなら、教育やフォローには一定のコストがかかるため、企業が社員を大切にしていると示せるからです。

教育・フォロー体制を整備する際には、

  • 1on1ミーティングの実施
  • メンター制度の導入

などが役立ちます。

また教育・フォロー体制があると、困った時にいつでも相談しやすくなるため、離職につながる要素を早い段階で発見できます。

まとめ:離職防止に向けて根本的な原因をみつけよう

離職率が高い環境を改善するには、根本的な原因をみつけることが大切です。

原因の特定には、エンゲージメントサーベイが役立ちます。

ヒョーカクラウドは、エンゲージメントサーベイ機能が搭載された人事評価システム。
直近のサーベイ結果にもとづき、分析や改善策の立案ができます。

また評価機能をつかって「どれだけエンゲージメントやモチベーションがあがったか?」についても把握できます。

同社のリアルタイム評価ができる「評価ポイント」も活用すれば、ピアボーナス機能をつかえるため、コミュニケーションの活性化にも役立ちます。

社員の離職防止で「定着率を高めたい」企業様は、ぜひヒョーカクラウド、評価ポイントをお試しください。

人事評価システム第1位【人事評価構築パッケージ】|株式会社シーグリーン

人事評価制度の作成でお悩みの方におすすめ

【令和版】評価制度の作り方
【令和版】評価制度の作り方

この資料で分かること

  • 今、人事評価制度を作る必要性
  • 人事評価制度 タイプ別メリット・デメリット
  • 評価項目サンプル