人事評価制度の構築 | まず、何からやるべき?

人事評価は何から始めていいのかわからない!

「人事評価」と一言でいっても企業によって方法は様々です。
人事評価項目を設定し、それが給与テーブルに紐づいて完璧に数値化される人事評価を行う方法、
ノーレイティング(社員のランク付けをしない)という2012年頃からアメリカ企業で取り入れられている方法など、
実際に人事評価では”何をするのが正しいのか”という疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。
そこで、この記事では人事評価を構築する時、最初に整理しておいた方が良いことをまとめました。

会社としての方向性を決める

そもそも、会社としての目標が定まっていなければ人事評価は出来ません。
これは定量的なことではなく定性的な目標でわかりやすく前向きな「希望」となるようなものが望ましいです。
例えば「働く人を笑顔にする!」など、ざっくりしたもので構いません。それをもとに自分たちの会社では何が提供出来るかを考え、行動し、数値化していきます。

人事評価制度は2パターンある

人事評価制度といっても大きく分けて2パターンあります。
給与テーブルと紐づける方法と、給与テーブルと分ける方法です。

【長期構築】人事評価と給与テーブルを完全一致させたい場合

人事評価と給与テーブルを完全一致させる場合は特に慎重に進めていく必要があります。
この場合は人事コンサルや社労士を入れて制度をゼロから構築していく企業が多くなっています。
会社と社員の間に第三者が入ることによって円滑に人事評価制度を整えることができますが、時間とコストは非常に掛かります。

【短期構築】人事評価を参考に給与テーブルで確認を行う場合

まず、人事評価を0(ゼロ)から構築させる企業で多いのが給与テーブルと人事評価は分けるという仕組みです。
人事評価を参考にして昇給・降格は給与テーブルの中から経営層・管理者で判断する場合も多くあります。
時間とコストは少なく済みます。

業務の把握と人材の成長目標の明確化

人事評価を行う場合、業務の把握や現在いる人材レベルの把握が必須となります。
そこを整理した後で会社として社員をどのように成長させていくか、成長してほしいかを考えます。そこで人材の成長目標の明確化ができます。

まとめ

人事評価は調べれば調べるほど混乱してくるかもしれませんが、
企業毎に”必要な仕組みが違う”ということを認識し、人事評価制度を取り入れて実現したいことは何かを考えるとスムーズに進めるのではないでしょうか。

人事評価システムなら、まず【無料】の資料請求を

人事評価システムをお探しでしたら、誰でも使えてスキル不要、低コストで簡単シンプルな人事評価システムがおすすめです!

「1on1ミーティング」体験型セミナー開催決定!

こんな方におすすめのセミナー

【対象者】経営者/人事/部門マネージャーの方
・若手社員や部下とのコミュニケーションが難しいと感じている方
・1on1を始めようと思っていても1on1と面談との違いがわからない方
・1on1の正しい進め方に不安がある方
・1on1は行っているものの成果が見えていない方

プログラム

・話が合わない理由は4つのタイプの違い?
・現場ですぐに実践できる!4つのタイプ別コミュニケーション
・これからの時代に求められるリーダーとは?
・個人と組織が成長する1on1ミーティングとは?
・自立型人財を育てる質問方法
・1on1を仕組み化するためには?
・Q&Aなど
・人事評価ツールのご紹介(評価ポイント、ヒョーカクラウド)

開催概要

人事評価システム*お問い合わせ数No.1の弊社がお届けする本セミナーでは4つのタイプ別に合わせたコミュニケーションを【体験型セミナー】として学んでいただきます。どのように部下に働きかければ良いのか、1on1に臨む姿勢や4つのタイプに応じた質問方法など“現場ですぐに実践できる1on1をご紹介”します。1on1の目的や意図に応じて事前に内容を組み立て、コーチングやティーチングスキルを学びながら効果的な関わり方を意識することができるようになることで、自身のマネージャとしての姿勢など、自分自身についての気づきも得られる内容です。

会場・日時・講師

会場
名貸し会議室 シアル
住 所〒231-0063 横浜市中区花咲町2-82貞華ビル
最寄り駅:JR・市営地下鉄「桜木町」徒歩7分
日時
・08月29日(木)13:00~17:00
・09月26日(木)13:00~17:00
・10月24日(木)13:00~17:00
・11月21日(木)13:00~17:00

講師
新谷 永海香
株式会社シーグリーン 人事コンサルタント兼研修講師 経営情報学修士(MBA)
国内大手半導体メーカに入社。海外拡販プロジェクトメンバーとして、東南アジア、南米、など10数国の現地アプリケーション開発を行う、LSI設計エンジニア。帰国後は、新規市場への参入とサプライチェーン構築のため上京。携帯電話、RF-ID、ETCなど無線市場への新規参入を果たした功績として、3年連続社長賞「金賞」受賞。以降、外資系半導体商社にて、技術動向をベースとした「テクノロジーマーケティング」による製品企画・新市場参入に成功。日本法人発の社長賞「新規開拓賞」を受賞し、マーケティングスペシャリストへの転身を果たす。「女性のキャリア転職特集」による、テレビ出演、雑誌などのメディア掲載による反響後、ミッション型契約にて、創業期のベンチャー企業で戦略採用と組織設計を行う。結果、2年半で社員数5.7倍、売上高12.5倍を達成。今年度からは、株式会社シーグリーンにて人事コンサルタントに従事。自身でモチベーションが維持できる「自律型人材」の育成を目指し奮闘中。