【人事評価制度編】人気記事ランキングTOP5

人事評価制度とは、従業員のスキルやパフォーマンスを評価し、昇給などに反映する仕組みです。

人事評価制度の内容によって、従業員の生産性やモチベーションも左右されるため、適切な「人事評価制度」の実践は、企業の重要課題だといえます。

そこで今回は、人事評価制度に関する「人気記事」をランキング形式で紹介します。自社の「人事評価制度」を適切に実施したい企業様は、ぜひ参考にしてください。

人事評価制度の重要性とは?

まずは、人事評価制度の重要性について解説します。詳細は以下の通りです。

企業のビジョン・経営方針の浸透に役立つ

企業のビジョン・経営方針は、従業員が目指すべきゴールや方向を示します。

そのため、従業員の成長・育成を考える場合には、企業のビジョン・経営方針にそって施策・行動する姿勢が欠かせません。

つまり、企業のビジョン・経営方針を社内に浸透させることで、会社全体としての成長・育成が期待できます。

人事評価制度づくりでは、「会社の目指す方向」や「理想の従業員像」を考えて評価項目や基準を用意することから、企業のビジョン・経営方針が色濃くあらわれる点が特徴です。

そのため、人事評価を実行し浸透させることで、企業のビジョン・経営方針の浸透にも役立ちます。

人材を適材適所に配置できる

人材=従業員には、それぞれ得意・不得意な分野があります。

得意分野と結びつくポジションに配置すると、最高のパフォーマンスを発揮できるため、企業の発展にもつながるでしょう。

一方、不得意なポジションに配置すると、本来の実力を発揮できず、企業全体の生産性低下にも直結します。最悪の場合には、従業員のモチベーション・エンゲージメントが低下し、離職にもなりかねません。

そこで人事評価を実行すると、本人の得意・不得意が明確になるため、適所に配置できます。

人材の育成

人材をしっかりと育成できたかどうかで、企業の将来が決まるといっても過言ではありません。

そのため、企業は「人材の育成」に力を入れるべきだといえます。

人材の育成には、各従業員の「スキル」はもちろん、それぞれの「個性の把握」が大前提です。個性の把握によって、不足点や伸ばすべき能力が分かります。

こうした個性の把握には、人事評価が適しています。

人事評価制度に必要な要素

昨今の人事評価制度に必要な要素は、以下の3要素です。

評価基準の明確さ

評価する項目・方法・内容といった評価基準を明確にすると、以下が分かります。

・なにを達成することで、どれだけ評価されるか

・自分が業務でなにを遂行すべきか

また明確な評価基準は、評価者の好き・嫌いといった主観が入りにくく、評価を公平に保ちやすい点が特徴です。公平な評価は、企業に対する帰属心やモチベーションアップにもつながります。

プロセスも重視する

結果だけでなく、途中経過であるプロセスの重視も大切です。

結果だけを重視すると「とにかく結果を出せばよい」という思いから、従業員が「すぐには直結しないけれど重要な業務」を軽視しがちになります。

営業といった数値が分かりやすい職種はまだよいものの、バックオフィス系の職種は、プロセスも重視しないと、モチベーション低下にダイレクトにつながります。

また、結果を求めるあまり「周囲を蹴落とす人」があらわれる可能性もあり、人間関係・職場環境が悪くなる原因にもなるでしょう。

そのため、プロセスもきっちりと評価される人事評価制度づくりが必要です。

システムの活用

人事評価を行う際に、システムを活用しなくても、形式上は進められます。

しかし、システムの未活用は非効率的なため、経営者・人事担当者の手間がかかるだけでなく、従業員への負担も大きいといえます。

たとえば、経営者・人事担当者は、評価表の作成・管理・分析などのさまざまな作業があり、煩雑な工程も見受けられます。また従業員も、度重なるExcel表などへの入力が手間だといえます。

すると、肝心の人事評価がおろそかになる恐れがあるため、本末転倒です。

以上のことから、昨今では人事評価制度を円滑に進めるべく「システムの活用」は必須だといえます。

またシステムの活用は、ミスの減少にもつながります。

人事評価制度を成功させたい企業に人気の記事TOP5

人事評価制度を成功させたい企業は、人事評価制度に関する情報もしっかりと調べている点が特徴です。こうした企業がチェックしている「人事評価制度に関する」記事について、自社の「人気記事TOP5」を紹介します。

生産性を上げる評価方法とは?人事が知るべき3つの方法を解説!

ラグビー日本代表・前ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏が提唱する「生産性の低い組織の問題点」をもとに、記事を展開しています。

彼がいう「生産性の低い組織」の問題点は、以下の通りです。

~生産性の低い組織の問題点~

・長時間労働

・安全志向

・評価スパンが長い

日本では長時間労働をよしとする風潮があり、保守的で現状を守ろうとする「安全志向」が働くケースも多く見受けられます。

また、評価も「年に1~2回」とスパンが長い傾向にあります。

こうした問題点を改善すべく、必要な要素や具体的な評価方法を紹介した記事であるため、大いに参考になるでしょう。

生産性を上げる評価方法とは?人事が知るべき3つの方法を解説!

2022年7月4日

人事考課で適切な昇給を!能力評価以外に意識すべきこととは?

人事考課は、従業員の貢献度や能力を査定するだけでなく、昇給・昇進にも影響する大事な要素です。

こうした人事考課では、能力評価を重視する企業が多く見受けられます。

(※能力評価とは、「企業への貢献度」や「目的の達成度」にもとづく評価です。)

しかし、人事考課は能力評価だけでなく、以下3つで構成することが望ましいと分かっています。

・能力評価

・業績評価

・情意評価

上記を踏まえ、人事考課で適切な昇給をかなえるために「大切なこと」や「ポイント」を展開しています。

人事考課で適切な昇給を!能力評価以外に意識すべきこととは?

2022年4月25日

評価制度の見直しや作り方とは?知っておくべき各評価の違いも解説!

この記事は、以下の人に向けて書いた記事です。

・評価制度の重要性を分かりつつ、適切な評価制度が用意できていない

・評価制度を見直し、適切な評価を実施したいと考える

記事内では、評価制度の目的をはじめ、MBO・360度評価・コンピテンシー評価との違いも解説しています。

評価制度を実際に見直す際や用意する際に、参考となる実際の手順も紹介しているため、ステップにそって進めることもオススメです。

評価制度の見直しや作り方とは?知っておくべき各評価の違いも解説!

2022年3月14日

【中小企業向け】人事評価制度の作り方は? 導入失敗を防ぐポイントも解説

中小企業では、まだまだ人事評価制度が適切に導入されていないことも事実です。

こうした状況を踏まえ、中小企業に向けて、人事評価制度をつくる方法や要点を解説しています。

人事評価に対する「導入の失敗を防ぐポイント」も紹介しているため、参考になる点も多いでしょう。

中小企業が人事評価制度で実現すべき内容「満足度の向上→業績アップ」にも焦点をあて、記事が展開されていく点も見どころです。

【中小企業向け】人事評価制度の作り方は? 導入失敗を防ぐポイントも解説

2021年12月17日

今、中小企業が人事評価制度構築を急ぐべき理由とは

人事評価制度の構築が大事だと分かっているものの、ついつい後回しにしている中小企業に向けて、人事評価制度の構築を急ぐべき理由について解説した記事です。

この記事を読むことで、人事評価制度の構築を「後回しにすることのリスク」がよく分かります。

また、人事評価制度の運用を成功するためのポイントも解説しているため、こうした点も参考になるでしょう。

今、中小企業が人事評価制度構築を急ぐべき理由とは

2019年7月3日

まとめ

【人事評価制度編】人気記事ランキングTOP5を紹介しました。

注目度の高い記事をまとめて読むことで、自社の「人事評価制度」をよくするうえで、役立つ情報が満載です。またさまざまな切り口の記事を紹介しているため、状況に応じて参考にすることをオススメします。