コミュニケーションのポイント「観察力の鍛え方」

相手のことを良く知るための力を観察力と呼びます。
観察力があることで、相手の仕草や表情、声のトーンなどから、言葉の真意や正確な意図を汲むことができます。
相手の意図を正確に汲むことができるようになることで、より相手に伝わりやすい言葉をセレクトしたり、適切なアプローチをすることが可能です。

【理論】「観察力」を鍛えると、どんな効果があるのか?

観察力を鍛えることで、コミュニケーションを円滑に取れるようになるだけではなく、相手のニーズに気が付くことができます。

観察力は上司・部下とのコミュニケーションだけではなく、取引先やプライベートなど、多彩なシーンで活躍してくれます。
更に、相手のニーズや状況を正確に知ることで、営業や取引先との交渉といった、ビジネスシーンで成果をあげることができます。
つまり観察力は、ビジネスパーソンやマネジメント層の必須スキルといえるのです。

相手の真意を知ることができる

上司に対して言い出しにくいことってありますよね。
観察力を鍛えることで、そんな部下の「本音」を知ることができます。
例えば、目が泳いでいたり、会話に集中していなかったり…。
言葉だけではなく、表情や仕草そして態度を見ることで、本心に近付くことができるのです。

適切なコミュニケーションを取れる

相手の本音を知り、相手の置かれた状況を把握することで、より効果的なコミュニケーションを取ることができます。
相手の反応を見て、掛ける言葉を変えたり言葉を選んだりすることも大切なポイントです。

リスクマネジメントに繋がる

観察力を鍛えることで、状況を正しく認識することができます。
正しい情報に基づいた未来予知ができるので、リスクマネジメントに繋がります。

【実践編】観察力を鍛えるためのポイント

観察力を鍛えるためには、観察力の重要性を自覚することが大切です。

対人コミュニケーション編

言葉だけのやり取りでコミュニケーションを完結させてしまわず、相手に注意を払って観察をしてみましょう。
相手の真意を汲むことで、より良いコミュニケーションを取ることができるようになり、関係性が向上します。

・表情
表情の明るい・暗いや顔色は、感情によって変化が出やすい場所です。
・視線
視線が泳いでいる時には、嘘をついていたり隠し事をしていたりすることがあります。
・仕草
興味がない時には、足や体が話者の方を向きません。
・声のトーン/大きさ
声のトーンや大きさ、そして抑揚なども大切な手掛かりとなります。
・言葉のセレクト
ネガティブな言葉/ポジティブな言葉、どちらが多いか。

自己分析編

「自分を知る」というのは、コミュニケーションを取るうえで、非常に大切なポイントです。
例えば、朝からなんとなく身体が重い時に、トラブルが重なると、ニュートラルな状態で対応することが難しくなってしまいますよね。
「身体が重い」と感じた時に、更によく自分を観察することで、「睡眠不足」や「鼻声だ」などといった、変化に気が付くことができます。
漠然と感じていた不調の原因を明確にすることで、より適切な対応を取ることができるようになります。

人間観察編

観察力を鍛えるのは、対人コミュニケーション以外でも可能です。
例えば、街ゆく人を観察することで、単に通りすがりの人というだけではない「個性」に気が付くことができます。
同じスーツ姿でも、スーツの色やシャツの色、ネクタイやカバンは人それぞれですよね。
また、待ち合わせをしている際にも、スマートフォンを触っている人、音楽を聴いている人など、一人として同じ人はいません。

こうした人間観察をすることで、今まで気が付くことができなかった、違いを見出すことができるようになります。
更に、これらの人がどんな動きを見せるか、未来予測の練習をすることも可能です。

名画編

先ほどご紹介した人間観察では、観察対象の人がその場を離れてしまうと、観察が終わってしまいます。
更に、未来予測をすることはできますが、直接その人に答え合わせをするのは難しいですよね。
そのため、未来予測が合っていたか分からないことも多くあります。
そこでお勧めしたいのが、絵画や彫刻といった「アートの鑑賞」です。

美術史家で弁護士でもある、エイミー・E・ハーマンの「知覚の技法」は、絵画や彫刻などのアートを見ることで観察力や分析力などを磨くというものです。
CIAやFBIでも取り入れられているこのメゾットは、「できるだけ多くの視点で見る」ことの重要性を説いています。
個人の持つ知覚フィルターは、その人の経験や知識によって形作られるため、同じものを持つ人はいません。
このフィルターを通すことで、認識が歪んでしまったり自分に都合の良いように修正されてしまうことがあります。
自分の見方が正しいかを疑い、他人の知覚を確かめることが重要です。
絵画や彫刻などのアートを活用して、主観をできるだけ排除して物事を客観的にみる訓練をしましょう。

参考:エイミー・E・ハーマン「観察力を磨く 名画読解」 早川書房

【補足】観察力と並んで重要な「洞察力」と「表現力」

観察力は、表面に現れている物事を見る力です。
先ほどから触れている「未来予測」は、物事の本質を見抜く「洞察力」が関係します。
観察力だけではなく、目に見えない部分を見抜く洞察力を磨くことで、適切なコミュニケーションを取ることができます。

また、いくら観察力や洞察力を磨いたとしても、自分の感情や思ったことを伝える「表現力」が伴わなければ真意を正しく伝えることができません。
適切な言葉をセレクトするためには語彙力が必要ですし、話す内容によって適した声のトーンや大きさに口調、仕草や表情をセレクトするのも重要なポイントです。

語彙力は読書で磨くことができます。
更に、喜怒哀楽を言葉だけではなく表情で伝えることを意識しましょう。
時には身振りや手振りを織り交ぜて伝えることで、豊かな表現力を身に着けることができます。

洞察力と表現力を身に着けることで、より円滑なコミュニケーションを取ることができるようになります。

沢山の人とコミュニケーションを取る

特定の人ばかりとコミュニケーションを取っていると、「全てを言わなくても伝わる」ようになってしまうケースが多くあります。
関係性の構築は重要ですが、閉ざされたコミュニティだけで仕事が成り立つわけではありませんよね。
居心地の良い関係性を築けるのが、「ウマの合う人」だけではダメなのです。
積極的に沢山の人とコミュニケーションを取ることで、どんな人にも伝えられる表現力を身に着けましょう。

人にはそれぞれ特性や性格があります。
そのため、同じ伝え方をしても、受け取り方は人それぞれです。
もし上手に伝わらなかった際には、必ず振り返りをして改善しましょう。
部下から「ここがちょっと分かりにくくて…」といわれたら、相手の理解力に合わせるだけではなく、自分が適切な表現をできていたか、見直すことが重要です。
改善していくことで、コミュニケーション能力を磨くことができます。

おわりに

コミュニケーションを円滑に進めるだけではなく、ビジネスでもプライベートでも活躍してくれる観察力。
観察力を鍛えることで、イマイチ会話が弾まないと感じている部下とも、良好な関係を築くことができるようになるかもしれません。

まずは会話の際に、相手の様子をより良く観察することからはじめてみては如何でしょうか。

人事評価システムなら、まず【無料】の資料請求を

人事評価システムをお探しでしたら、誰でも使えてスキル不要、低コストで簡単シンプルな人事評価システムがおすすめです!

「1on1ミーティング」体験型セミナー開催決定!

こんな方におすすめのセミナー

【対象者】経営者/人事/部門マネージャーの方
・若手社員や部下とのコミュニケーションが難しいと感じている方
・1on1を始めようと思っていても1on1と面談との違いがわからない方
・1on1の正しい進め方に不安がある方
・1on1は行っているものの成果が見えていない方

プログラム

・話が合わない理由は4つのタイプの違い?
・現場ですぐに実践できる!4つのタイプ別コミュニケーション
・これからの時代に求められるリーダーとは?
・個人と組織が成長する1on1ミーティングとは?
・自立型人財を育てる質問方法
・1on1を仕組み化するためには?
・Q&Aなど
・人事評価ツールのご紹介(評価ポイント、ヒョーカクラウド)

開催概要

人事評価システム*お問い合わせ数No.1の弊社がお届けする本セミナーでは4つのタイプ別に合わせたコミュニケーションを【体験型セミナー】として学んでいただきます。どのように部下に働きかければ良いのか、1on1に臨む姿勢や4つのタイプに応じた質問方法など“現場ですぐに実践できる1on1をご紹介”します。1on1の目的や意図に応じて事前に内容を組み立て、コーチングやティーチングスキルを学びながら効果的な関わり方を意識することができるようになることで、自身のマネージャとしての姿勢など、自分自身についての気づきも得られる内容です。

会場・日時・講師

会場
名貸し会議室 シアル
住 所〒231-0063 横浜市中区花咲町2-82貞華ビル
最寄り駅:JR・市営地下鉄「桜木町」徒歩7分
日時
・08月29日(木)13:00~17:00
・09月26日(木)13:00~17:00
・10月24日(木)13:00~17:00
・11月21日(木)13:00~17:00

講師
新谷 永海香
株式会社シーグリーン 人事コンサルタント兼研修講師 経営情報学修士(MBA)
国内大手半導体メーカに入社。海外拡販プロジェクトメンバーとして、東南アジア、南米、など10数国の現地アプリケーション開発を行う、LSI設計エンジニア。帰国後は、新規市場への参入とサプライチェーン構築のため上京。携帯電話、RF-ID、ETCなど無線市場への新規参入を果たした功績として、3年連続社長賞「金賞」受賞。以降、外資系半導体商社にて、技術動向をベースとした「テクノロジーマーケティング」による製品企画・新市場参入に成功。日本法人発の社長賞「新規開拓賞」を受賞し、マーケティングスペシャリストへの転身を果たす。「女性のキャリア転職特集」による、テレビ出演、雑誌などのメディア掲載による反響後、ミッション型契約にて、創業期のベンチャー企業で戦略採用と組織設計を行う。結果、2年半で社員数5.7倍、売上高12.5倍を達成。今年度からは、株式会社シーグリーンにて人事コンサルタントに従事。自身でモチベーションが維持できる「自律型人材」の育成を目指し奮闘中。